たった3分でプライバシーマークの更新費用がシミュレーションできます!

プライバシーマーク教育

個人情報保護のかなめは従業員という「人」です。
いくら高価なセキュリティシステムを導入しても「人」の運用が不適切であれば意味がありません。
そこでプライバシーマークを取得する企業は申請前に1回、取得後に最低1年に1回、従業員に対する教育を実施しなければなりません。
また、教育後、その効果の確認するために理解度確認テストを行い、その記録を残さなければなりません。

プライバシーマーク(Pマーク)の更新サポートはワークストラストへお任せください