個人情報保護のかなめは従業員という「人」です。

いくら高価なセキュリティシステムを導入しても「人」の運用が不適切であれば意味がありません。

そこでプライバシーマークを取得する企業は申請前に1回、取得後に最低1年に1回、従業員に対する教育を実施しなければなりません。

また、教育後、その効果の確認するために理解度確認テストを行い、その記録を残さなければなりません。


  • 日本一やさしいPマークの本
  • 失敗しないコンサル会社の選び方
  • マンガでわかる日本一やさしいプライバシーマークの本
    プライバシーマーク現場審査の傾向と対策
  • 入退出記録アプリ 入退ロガー
  • ワークストラスト
    情報セキュリティ社員教育サービス、セキュトレ
    中小企業向けファイルアクセスログソフトウェアLogZo(ログゾー)