従業員は文書化した社内規定に沿って、個人情報の取扱いや安全管理措置を運用しなければなりません。

例えば社員募集をする時の社内規定は以下となります。
1)履歴書を本人からもらう前に同意書に署名をもらう ←個人情報の取扱い
2)履歴書は鍵付きキャビネットに保管する ←安全管理措置

このように決めた社内規定を運用するということです。

運用開始してから、守れていない規定や継続が困難な規定も出てくる可能性があります。
その場合は規定の修正を行い、現実的な運用ができるようにしなければなりません。


  • 日本一やさしいPマークの本
  • 失敗しないコンサル会社の選び方
  • マンガでわかる日本一やさしいプライバシーマークの本
    プライバシーマーク現場審査の傾向と対策
  • 入退出記録アプリ 入退ロガー
  • ワークストラスト
    情報セキュリティ社員教育サービス、セキュトレ
    中小企業向けファイルアクセスログソフトウェアLogZo(ログゾー)