JISQ15001とは、1999年に通産産業省より告示された日本工業規格です。
最新版は2006年度のため、JIS Q 15001:2006となっております。
※例えば2016年に改定されれば、JIS Q 15001:2016となるはずです

別名は「個人情報保護マネジメントシステムの要求事項」(英語略称:PMS(Personal information protection Management System)と呼ばれており、企業が個人情報保護のための体制作りに必要な最低限の要求事項を網羅しています。

マネジメントシステムは代表者による方針のもと、計画(PLAN)、実施(DO)、監査(CHECK)、見直し(ACTION)を繰り返し循環させることで組織の管理能力の継続的な発展を追求してことを目的としています。

プライバシーマーク制度は、このJISQ15001に適合して、個人情報について適切な保護措置を講ずる体制を整備している事業者等を認定して、その旨を示すプライバシーマーク(Pマーク)を付与し、事業活動に関してプライバシーマークの使用を認める制度です。

なお、JISQ15001を著作権の関係から公開されておらず、購入するしかありません。

アマゾンからの購入はこちら



プライバシーマーク取得


  • 日本一やさしいPマークの本
  • 失敗しないコンサル会社の選び方
  • マンガでわかる日本一やさしいプライバシーマークの本
    プライバシーマーク現場審査の傾向と対策
  • 入退出記録アプリ 入退ロガー
  • クラウド型情報セキュリティ運用点検サービス
    プライバシーマーク運用点検サービス、Pトレ
    情報セキュリティ社員教育サービス、セキュトレ
    中小企業向けファイルアクセスログソフトウェアLogZo(ログゾー)