プライバシーマーク取得にかかる費用は以下を考慮する必要があります。

1.プライバシーマーク審査機関へ支払う申請審査費用
2.設備投資費用
3.コンサルタント費用


以下、各々の解説となります。


1.プライバシーマーク審査機関へ支払う申請審査費用
申請審査費用は事業者の規模(資本金と従業者数)で金額が決まっています。(以下税込額)
・小規模事業者は308,573円
・中規模事業者は617,144円
・大規模事業者は1,234,286円

気を付けなければいけないのは事業者区分の従業者の定義です。
もし、業務に携わっていない非常勤役員がいる場合でも従業者となりますので、従業者数に含めなくてはいけません。
例えば、登記簿に記載されている(非常勤役員含めた)役員数が3名で、以外に雇用している従業者が3名の場合、合計数が6名ですので、サービス業であれば、中規模事業者となります。※5名までは小規模事業者
なお、従業者とは直接雇用している者となり、業務委託で契約している者は従業者に数には含めなくてよいです。

また、JIPDEC以外で申請(審査)を行う場合、その機関への入会費用等がかかかる場合があります。
例えば、弊社が推奨する審査機関である日本情報システム・ユーザー協会は入会時に3万円、年会費として1万円かかります。


2.設備投資費用
シュレッダーと鍵付きキャビネットは多くの会社で設置されていると思いますので、以外では以下の設備が必要です。
・ファイルサーバー 数千円~(USB接続の外付けHDDでも可)
・無停電電源装置(UPS) 数千円~(金額やスペックは問われません)
・アクセスログソフト PC1台あたり5千円~ ※当社の場合、ソフトを無償で提供します
・セキュリティワイヤー 1本あたり2千円程度(ノートPCに接続します)


3.コンサルタント費用
コンサル会社によりけりですが中小企業様であれば50万円~80万円と思えば良いでしょう。


以上です。
また、お客様の会社がプライバシーマークの助成金制度のある自治体に本店登記がある場合、取得費用に助成金を活用できる可能性がありますので確認した方が良いと思います。



プライバシーマーク取得


  • 日本一やさしいPマークの本
  • 失敗しないコンサル会社の選び方
  • マンガでわかる日本一やさしいプライバシーマークの本
    プライバシーマーク現場審査の傾向と対策
  • 入退出記録アプリ 入退ロガー
  • ワークストラスト
    情報セキュリティ社員教育サービス、セキュトレ
    中小企業向けファイルアクセスログソフトウェアLogZo(ログゾー)