「Pマークの新規取得が月々たったの2万5千円で」「しかも御社でやってもらう必要はありません!」とアピールする運用代行業者があります。※あえてコンサル会社とは言いません。運用代行業者です。

ご担当者の「面倒なことは丸投げしたい・・・」と思う気持ちに、つけこんだ絶妙なアピールです。

 

しかし、まともなコンサル会社はすべてを請け負うようなことはしておりません。

感覚的には、コンサル会社は6割程度のお手伝いであり、残り4割はご担当者が中心に行います。

 

というのは、最終的には、ご担当者は従業員への指導、日々の運用と管理、審査対応をしなければいけません。

すべてを請け負うコンサル会社のもとでは、ご担当者は全くそのスキルがつきません。

出来る限りでもよいので、ご担当者がスキルを付けるために関与しなければならないのです。


そして、個人でなく会社として認証なのですから、会社としての取り組みも必要です。

従業員が取引先に対して、「Pマークに関して何もしていません」なんて口外しても平気ですか?


それでも丸投げは楽だから・・・と思われるかもしれません。

その場合、最悪プライバシーマークが取得できない可能性もあります!

それは、審査機関がやっきになって、運用代行業者を排除しようとする動きがあり、その支援を受けている会社には、Pマークを簡単に取らせないようにしています・・・


また、仮に運用代行業者にお願いして、どうにか取得できたとしましょう。

2年毎の更新は自社で出来ないため、Pマークを継続する限り、毎月2万5千円を払い続けることになるでしょう。


とある運用代行業者の評判はこちら

JIPDECからの注意喚起はこちら

運用代行業者が起こした事件はこちら



プライバシーマーク取得


  • 日本一やさしいPマークの本
  • 失敗しないコンサル会社の選び方
  • マンガでわかる日本一やさしいプライバシーマークの本
    プライバシーマーク現場審査の傾向と対策
  • 入退出記録アプリ 入退ロガー
  • クラウド型情報セキュリティ運用点検サービス
    プライバシーマーク運用点検サービス、Pトレ
    情報セキュリティ社員教育サービス、セキュトレ
    中小企業向けファイルアクセスログソフトウェアLogZo(ログゾー)